腰痛でお悩みなら改善整体サロンmikke ヘ

小学生の20%が足に何らかのトラブルを抱えている⁉️

こんにちは!フナミです😀
本日のお話は
【現代の小学生の20%に足に何らかのトラブルを抱えている】
という内容になります。

ーーーーーーーーーーー
現代では大人だけではなく
子供の運動不足がとても問題となっています🙈
その上コロナの影響もあり
ここ2、3年は外で遊びたくても遊べない😢
結構深刻な問題となっているようです。

成長期に適度な運動量が保てないと、骨の発達にも影響が出てしまい
結果的に、大人になってから
膝の痛みや、X脚、外反母趾 etc…
などなど様々な障害に繋がってしまいます。

問題症状の中の一つに
内側へ踵が落ちてしまう
『過剰回内』
という症状があります。
オーバープロネーションと言います。

これは人間の進化の過程で
直立二足歩行をするのに適した構造になったのですが
足部の筋肉が正常に発達して脚を真っ直ぐな状態に保つことができていれば問題はありませんが
筋力が十分ではなく、自分の体重を支えきれないと
必然的に内側に足が落ち込んでしまいます。

下方の写真のように
正常だと踵の骨は足の外側についています。
かかとの骨(踵骨)が真ん中ではなく、外側についているのが正常です。

上部の写真のように
内側に足が落ちてしまう現象を「過剰回内」
と言います。

この「過剰回内」から様々な足のトラブルが発生する可能性が高くなります。
足裏のアーチを壊し
同時にスネの骨を正常に働かせられなくなります。
土台である足の骨格の崩れは成長時期にはとても大きな問題になるのは
想像しやすいですね。
膝や股関節をはじめ
体全体にも悪影響を出しはじめます。

それならば
インソールを使って
足元からサポートすれば効果的なんではないか⁈
と考えがちですが
インソールは対処療法でしかありません。
裸足でいてもしっかり体全体を支えることのできる足
であることに意味があります。

1. 足のサイズ、足の形状に合った靴を選びマジックや紐をしっかり締めて靴をきちんと履く
2. かかとをしっかり支え、かかとを守ることができる かかと部分が固い靴を選ぶ
3. しっかりと運動させる

1に限っては大人も共通する内容です。(上履きの踵を踏むな!と注意されてきたことにはしっかり
意味があったんですね😅
ちなみに・・・
女性に多い
「象足首」
も子供の頃の運動量が大きな原因になっていると言われています。
やっぱり
成長期の時期の体の使い方は成人後の健康に大きく影響します!
お子様をお持ちの方は・カカトの位置・靴の種類・靴のサイズ
をチェックしてあげてください♪

本日も最後までブログをご覧いただきまして
ありがとうございます😀

腰痛, 足, トラブル, 整体, 改善mikke,

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
✅↓こちらもよろしくお願いいたします♪

◇公式LINE
友だち追加

◇ Facebook
https://www.facebook.com/seitai.mikke

◇Instagram
https://www.instagram.com/funamikke/

改善整体サロンmikke フナミ

外反母趾を改善しよう!

#整体 #腰痛 #大田区 #大森 #mikke

皆様こんにちは!

改善整体サロンmikkeのフナミです。
本日もご視聴ありがとうございます。

本日の内容は・・・
セルフケアで長い間悩んできた『外反母趾』を撃退しましょう!

外反母趾の原因は
子供の頃からの足の使い方が大きく影響しています。

靴の踵を踏んではいけません!
というのは
大人になってから困るから・・・
という意味も含まれていたのですね。

正しい姿勢を身につけて
ご自身でを撃外反母趾を退してしまいましょう!

何か分かりにくい点などがございましたら
⬇︎コメント欄か
直接メールにてお問い合わせいただけると
嬉しいです。

✉️➡︎privatesalonmikke@gmail.com
HP➡︎https://mikke.tokyo

本日も最後までご視聴頂き
本当にありがとうございます。

フナミ

 

 

 

通常初回施術費12,000円のところ

初回限定特別価格4,980円
(税込)

9月30日(金)まで6名様限定割引 → 残り1名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-1766-3269

【受付時間】10:00〜20:00 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。
すぐに折り返し致します。

 

※営業時間は10:00〜20:00までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。